「時間割」を作ろうーあなたの時間の使い方を見える化!

独学の基本
『ライフハック大全』堀正岳著より抜粋

時間割を作る目的は、

  1. 【最重要】睡眠時間を7時間確保する
  2. まとまった勉強時間を確保する
ことです。

それでは実際、時間割を作ってみましょう。

動かせない時間は6つあります。
実際に記入していく手順で説明します。

  1. 出社時間退社時間(会社で働いている時間)を記入
  2. 朝、家を出る時間を記入
  3. 2.から「勉強+身支度等」の時間を引いて、起床時間を記入
  4. 3.から睡眠時間7時間を引いて、就寝時間を記入
  5. 4.から3時間を引いて、帰宅時間を記入
これで大枠ができました。
(私の例では時差出勤〔7:30−16:30〕しています。)
  4:30         起 床
  6:00         家を出る
  7:30ー16:30   勤 務
 18:30         帰 宅
 21:30         就 寝
最初は、

「こんなのできるわけないじゃん!」

と思いました。

いくら時差出勤といっても、16時半に退社するには
残業しないことが必要です。

さらに過酷な試練は、

「寝る前2時間」で人生は決まる。
良質な睡眠をとるためには、寝る前2時間には、食事、飲酒をしてはいけない。
 (樺沢紫苑著『神・時間術』)

ということです。

えっ! お酒、飲めないじゃん!

20歳から30年以上飲み続けてきたお酒。
それをやめなければいけないのです。

どうしよう?

そんなとき、偶然、ある本に出会ったのです。(つづく

Follow me!