独学の基本その5ー時間術でいちばん大切なものは「睡眠」!?

めざせ!AI スペシャリスト
「朝起きてから2ー3時間が、集中力が最も高まる『脳のゴールデン・タイム』で、それが夜にもある!」(前回のまとめ)

では、それって夜のいつでしょう?

それは、ズバリ、寝る直前なんです。

脳研究者・池谷裕二は、『受験脳の作り方』の中で、

「寝ることは、覚えたことをしっかりと保つための大切な行為なのです。」

だから、

「覚えたら忘れないうちに寝る、これが鉄則なのです。」

としています。

つまり、

「就寝時間の一〜二時間前は、脳にとっては記憶のゴールデンアワーです。」

それで私は、
就寝30分前に15分だけ、朝勉強したことの「暗記時間」を設けました。(前回はこちら

なんで15分だけかというと、

仕事終わって疲れてんのに、勉強するなんてムリっす

さて、これで、時間割の概要ができました。
結局「時間割」というのは
睡眠」を軸にして考えるものなのですね。

たしかに、時間の有効活用「時間術」と呼ばれる本も、ほぼすべて、
「いちばん大切なのは睡眠だ」
としています。

えっ? 勉強せずに寝てたらダメじゃない?

いえいえ、それが違うのです。

NHKスペシャル『睡眠負債が危ない』の番組内で指摘していたとおり、
睡眠を削ることは命を削ることに等しいのです(*)

睡眠時間を削って勉強するのではなく、
毎日、しっかり、ぐっすり、眠る。
そして、クリアな脳で、短時間に集中して勉強する。

理想の睡眠時間は、
7ー8時間、だそうです(20ー50代の働き盛りの世代)。

* リンクをクリックすると、NHKのサイトで「睡眠負債リスクチェック」ができます。
受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)
新潮社
¥572(2020/11/09 05:34時点)
P137は休日の時間割作りの参考になります。

Follow me!

PAGE TOP