中小企業にAIって必要?ーAIセミナーで学んだこと

めざせ!AI スペシャリスト

今回、AIセミナーに参加して思ったのは、

飽き性の自分にAIって向いているかも!?

ということでした。

なんでそんなことを思ったのか?

ーーー行きの列車(特急サンダーバード号)の中で
仕事は楽しいかね?』を読んでいました。

アドバイス役の老人、マックス・エルモアが、

人々はしたくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れている。

なんだか今の自分の状況を言い当てられたみたいで、
ドキッとしました。

そんな退屈・不満と、不安の両方を抱えたまま、ただ時間だけが過ぎていく。
そして、歳をとればとるほど不安は大きくなっていき、退屈・不満から逃れにくくなる。

まさにそのとおりです。

じゃあ、どうすればいいの❓

エルモアはこう言います。

今日の目標は明日のマンネリ。

えっ❓
どういうこと❓

どうせ人生なんて思いどおりにいかないものだから、
ひとつの目標を立てて、自分をしばる必要はない。

だから目標は、これ。

「明日は今日と違う自分になる!」

そのために、

いろんなことを試してみる。
試してみることに失敗はない。

いろんなことに、Try and error (試行錯誤)を繰り返す。
それは、まさに、これからの中小企業診断士の仕事です。

セミナーで学んだことは、

まだまだAIは技術革新途上にあり、
中小企業が使えるツールは少ない、
ただ3年後くらいには、
いまのITベンダー(*)がパッケージ(*)を作ってくるだろう、
その時になってあわてないように、
今から準備しておくのがいちばん重要だ、

ということです。
*ITベンダー:富士通やNTT DATAなどのIT関連サービスを提供する企業 パッケージ:IT関連システムを商品化したもの

そうなんです。
AIの勉強、
飽きている暇はありません!

『仕事は楽しいかね?』はこちら!

Follow me!