ライブハウスが好き!ー初めての福井CHOP「赤い公園」

ひとりごと
アメリカンテイストの洒落た空間。

JRで金沢から大阪に向かう途中、
福井を通る。
特急で45分ほどの距離だ。

2023年春の新幹線延伸を控え、
駅舎も駅前もきれいに整備された。

そして福井には美味しいものが多い。
まず、宇宙軒本店の「ソースカツ丼」。

それにこの薄いカツを乗せた「越前そば」も美味しい。

でも今日は福井で各駅停車に乗り換えて、
一つ先の越前花堂(えちぜんはなんどう)まで行く。

越前花堂は無人駅。
駅を出て、福井方向に線路沿いを行き、
道路の跨線橋を専用のらせん階段で上り
そのまま線路を越え、1つ目の交差点をまっすぐ渡る。

角にはセブンイレブン。
今度は右手に向かって交差点を渡り、
ローソンがある角を右に曲がるとライブハウス「福井CHOP」だ。
ここまで徒歩10分。
ここが今日の目的地だ。

この箱(ライブハウス)は初めて。

あいにくの雨。

倉庫そのまんまの造りで、中はアメリカンな雰囲気。
入口を入るとすぐ右手に電飾がまぶしいバーカウンターがあり、

左手奥がステージになっている。

キャパは200〜250人というから金沢のvanvanV4と同じくらいの大きさだ。

今夜はここで、新生「赤い公園」のライブを観る。

赤い公園は2年前ボーカルの佐藤千明が脱退して、
昨年、元アイドルルネッサンス(2018年2月24日解散)の石野理子がボーカルとして加入し、
今回が初めてのツアーだ。

いつの頃からか、大きなホールのコンサートには足が向かなくなって、
このくらいの規模のライブハウスで音楽を聴くようになった。
3月24日から4週連続、ライブハウス通いをしている。

日本全国のライブハウスで音楽を聴きたい。

たまに、
そんなライフワークもいいな、
と少し真剣に考えたりするのだ。

Follow me!