青春18きっぷのおすすめ夏旅!-馬籠―妻籠の中山道トレイル!

ひとりごと

青春18きっぷの夏旅で、
いちばんのおすすめは山陰本線

昔の餘部鉄橋はスリル満点だった。

佐津、鎧(よろい)、諸寄(もろよせ)、浜坂、香住(かすみ)

鎧駅ホームから。

初めて行ったのは19歳のころ。
そのとき見た風景と変わりない姿が今でも残る。

同じく鎧駅から見た風景。

しかし、青春18きっぷの旅は、
なにも鉄道に乗っているばかりではない。
昨夏行った、宿場町の馬籠(まごめ)・妻籠(つまご)

妻籠宿

中山道のトレイルを思う存分楽しんだ。

金沢からなら、米原経由で名古屋に出て、
中央本線で中津川まで行き、前泊。
翌朝、バスで馬籠へ向かう・・・。

駅前のバス停

「木曽路はすべて山の中である」

島崎藤村の『夜明け前』の冒頭そのまま、
馬籠はあたり一面、山だった。

正しい日本の風景

急な坂道沿いに再現された宿場町。

馬籠宿を抜けたあたり。ここまでも上り坂だった。

炎天下、その急傾斜を登り、観光案内所へ寄る。
500円払うと荷物を妻籠まで運んでくれるのだ。
身軽で歩けるのでありがたい。

馬籠―妻籠間は、約9kmの山道。3時間を見ている。
ここ馬籠宿を抜け、まずは馬籠峠まで登り道。

あとはほとんど下りという。

(ラクそうだ)

だから足元もサンダル。
天気もいいので、思索にふけりながらのんびり行こう。

と、タカをくくっていたのだが、
歩いてみると急な坂道の連続に、息も切れ切れ。

アップは怖い。多分意識とんでる。

おまけに、いたるところに
「熊出没注意」の看板と熊除けの鈴がある。

早く言ってよ~!

(木曽路に熊っているのか?)

知らなかった。
半時間歩いても誰一人出会わないし。
吹き出す汗が一気に冷える気がした。

それでも、なんとか馬籠峠到着!

暑いわ、しんどいわ、心細いわ、
思索にふける余裕など、ここまでなかった。

妻籠までまだ半分も来ていないが、
ここからは下り。

(こんどこそ哲学的思索にふける余裕もあるだろう。)

と、懲りずに、タカをくくっていたら、
急な下りにサンダルが非常に危険なことに気づいた。

片側、崖だし・・・

足を挫けば、先には進めない。
足を滑らせれば、深い崖に落ちて帰らぬ人に。

(足元にしっかり注意して、慎重に歩こう)

(あと、熊に会わぬよう歌ったり口笛吹いたりして、陽気に歩こう)

忙しい。
思索にふけるどころではないのだ。(旅はつづく)

空に一筋のひこうき雲。

Follow me!