8.amazon カスタマーレビューを信じる⁉️ーおすすめAI本、ぜんぶむずかしすぎる‼️

AI学習ダイアリー
「レビュー信じたばっかりに・・・」と言っているはず

あらゆる本は、
わたしたち読者(50代文系出身者)を買いかぶっている。

そもそも、
PCのことなんてなにひとつわからないのだ。
Excelの操作さえ、おぼつかないレベルだ。

だから、
専門用語を一度説明したからといって、
別の章でいきなり説明なしで使わないでほしい。

よく、翻訳ミステリを読んでいて、

「実はイドリスがあのとき合鍵を・・・」

などというくだりで、

イドリスってだれやったっけ?」

となることがある。

カタカナ名の登場人物だらけで、それをいちいち覚えてられるか!

それとおんなじで、

専門用語いっぱいあって(横文字もある!)、それをいちいち覚えてられるか!

なのだ。

なので、
いままでレビューでベタぼめの本を買って、
そのよさを実感したことがない。

そもそもレビューするくらいだから、
その人は「わかっている」人で、
読む側(わたし)は「なにもわからない」人なのだ。

だから、
買った本は未読のままどんどん積み上がっていく。
目に入ると心が痛むから、

いつかこの本がわかる日が来る!

そう唱えながら、ダンボールに入れたりして。

Follow me!