シークレット・シューズは本当にシークレットなのか?

コンプレックス克服

若い頃は、女性にモテるかモテないかで人生が決まった。
自分は完璧な敗者だった。
華やかな青春とはいっさい無縁だった。

まず、背が低い。
背が低いのは脚が短いせいだ。
なんとかならないか?

あらゆる伸長法を試した。
めざしも食べた。牛乳も飲んだ。
高い鉄棒にもぶら下がった。川端式体操も試した。

でも、自分には効果はなかった。
しょうがない。
努力の方向を変えよう。
バイトしてお金を貯めて、通販でシークレットシューズを買った。

シークレットシューズは、
すぐ効果があらわれる。
何しろ履くだけでだれにも知られず(シークレットだから)、
脚の長さだけ、いきなり約10cmも伸びるのだ。
ありがたい。

でも、いいことづくめではない。

自分の大学は坂の上にあった。
行きはよかった。
問題は帰りだ。
帰りは下り坂。
坂の角度にシークレットシューズのヒールの角度がプラスされた。
坂の角度が10°でヒールも10°なら20°の急坂だ。
友だちと歩いて坂を下るとき、自分だけ急坂なのだ。
問題は、それを友だちは知らないということだ(シークレットだから)。

友だちと笑顔でしゃべりながら、いきなり坂を転げ落ちるわけにはいかない。

よくつまづく奴だ

友だちからはそう思われていたかもしれない。

大学では演劇部だった。
舞台練習もシークレットシューズ着用だ。
あるとき、通し稽古の講評で

なんでいつもお前はすり足なんだ?

とみんなの前で言われ、凍りついた。

シークレットシューズのせいだってみんなにバレた?

注意すべきは下り坂だけではなかった。
その日から、平地を歩くときは、兵隊のように高く足を上げるようになった。

シークレットへの努力はまだまだ続く。

居酒屋で靴を脱ぐときも危険な瞬間だった。
シューズを隠すため、ズボン丈を通常プラス10cmほどにしていた。
だから靴を脱ぐ瞬間は緊張した。
気を抜けば武士の長袴(ながばかま)状態だ。

靴を脱ぎながら、笑顔のまま、会話を途切れさせず、手でズボンを内側に素早く折り込む匠(たくみ)の技。
もちろん、どんなに酔っ払っても、帰りに元に戻すのを忘れてはいけない。

そもそもズボンを買うのが嫌いだった。
試着室で
「(丈は)このくらいでいいですね?
という若い女性の店員に、
「プラスこのくらいで」
と言ったあとの、一瞬の間。

(えっ?なんでそんなに?)という無言の問いかけに、
自分の脱いだ靴にさりげなく目線をやることでヒントを出す。

あとは店員が正解を出すことを祈るだけだ。

しかし、そんな緊張と努力の日々も、同級生の女性のなにげないひとことで終わった。

あれ、今日は美佐子(仮名。その頃片想いだった人)来てへんから、あの靴履いてないんや。

全然、シークレットちゃうかったわ・・・

ドクターアッシー超軽量 本革 ビジネスシューズ DR-1010
Dr.ASSY(ドクターアッシー)
¥9,790(2020/09/02 05:41時点)
これはシークレットではありません。今履いてるものです。無茶苦茶軽い!

Follow me!