iPhoneのパスコード忘れたら・・・地獄‼️

ひとりごと
復元に半日かかった...

毎日、脳天気な生活を送っている。
でも最近、よくストレスを感じることがある。
それは、

パスワードが正しくありません

とスマホやPCの画面に出たときだ。

そんなはずはない。
おまえが間違ってるんじゃないのか?

ーーースマホやPCに罪はない。

スマホやPC じたいが、パスワードの正誤を照合しているわけではなく、
パスワードの入力を求めたサービス(たとえば、楽天)が、
送信されてきたパスワードと、
サーバーに持ってるパスワードと照合して
正しくありません
と言っているのだから、ぬれぎぬもいいところだ。

同様に楽天にも罪はない。
悪いのはわたしのほうだ。
わかっているのだけれど、なんか腑に落ちないのだ。

ああ、ストレス溜まる❗️

昨夜もあったのだ。
iPhoneの電源を落とし、再度電源を入れたら、ふだん聞いてこない
「パスコード」の入力を求められた。

「なんでそんなこと、急に聞く?」

と思ったが、素直に6けたの数字を入力したら、
正しくない、という。

パスコードは、パスワードと違う。
PIN(Personal Identification Number)、いわゆる暗証番号だ。

PINはパスワードと違って「送信」しない。
自分が「所有」するiPhone本体がPIN情報を持っていて、
入力されたPINと照合するのだ。

これを「知識」(入力すべきPINを知っている)と「所有」( iPhoneを持っている)の2要素認証という。
パスワードよりセキュリティが高いので、6けたの数字だけでも大丈夫ということだ。

いや、そんなことはどうでもいい。
絶対、これ!というパスコードを何度も入力するのだが、
iPhoneは、

違います

と言い張るのだ。

5回間違えたとき、
「1分後にやり直してください」
次間違えたら、
「5分後にやり直してください」
次間違えたら
「15分後にやり直してください」
のメッセージが出た。

あとで知ったが、最大1時間待ちになるそうだ。

いやもうすでに1時間以上経ってるわ。

そもそも、おまえが(iPnone のことです)、聞いてけえへんかったら、こんなことにはなれへんかったのに‼️
(繰り返しますがiPhoneに罪はありません)

ああ、夜がどんどん更けていく・・・。

(つづく)

Follow me!

コメント

  1. […] 午後9時を過ぎた(前回はこちら)。 iPnoneのパスコード、結局思い出せなかった。 […]

  2. […] iPhoneには何度もひどい目にあっている。 3年前、酔って大阪アメリカ村のトイレに忘れ、 一日中探し回ったり(結局1カ月後に発見された)、 今年の2月には、パスコード忘れて復元するのに徹夜したこともあった(顛末はこちら)。 今回なにもなければいいのだが。 […]