「好き」は無敵!~新幹線で金沢から函館へ!

ひとりごと
移動は鉄道が一番!

函館出張が決まった。

新幹線で行こう!

自分の一番好きな「移動」。
なかでも、鉄道が一番好きだ。
飛行機は嫌い。

北海道出張に鉄道を使う人はいない。
でも、昨年(2018年)冬は荒天が続いており、社内のコンセンサスもすぐとれた。
金沢から大宮経由で新函館北斗まで新幹線。
7時間、新幹線に乗りっぱなしだ。

大宮までは「かがやき530号」。
大宮からは「はやぶさ33号」。

仙台まではけっこういっぱいだった車内も、
一駅ごとに乗客が降りていき、
新青森駅で自分ひとりになった。

ここからが北海道新幹線。

新函館北斗まで1時間1分、ノンストップだ。
この区間が開通したのは、2016年3月26日。
今回、初めて乗る。

まあ深夜だし青函トンネルもあるし、とりあえず座っているだけ。
それでも、満足だ。

23:33、新函館北斗到着。

10分の待ち合わせで「函館ライナー」に乗り換え、函館まで約20分。

新幹線でもさすがに7時間は疲れた。
もう0時を回っている。

翌日(日曜日)。
朝から函館市電に乗る。

全区間乗車するつもりだ。
昨日、7時間も乗ったのに?

好きだから、大丈夫!

駅構内の観光案内所で、1日乗車券を購入。600円。
まずは函館駅前駅から谷地頭駅を目指す。

谷地頭には温泉がある。

温泉で昨日の疲れをいやそう。
駅から少し歩けばすぐ谷地頭温泉だ。

浴場は広く天井も高くゆったりしている。
湯は茶色く濁っていて、しょっぱい。
ゆっくりつかり、あったまった。

次は、谷地頭から湯の川へ。
おなかがすいた。

湯の川から、すぐに折り返し五稜郭公園前へ。
この近くに、塩ラーメンで有名な「あじさい本店」があるのだ。

塩ラーメン(750円)はあっさり味で美味いのだが、それよりあったかさがありがたかった。

満腹して最後の終点、函館どつく前行きに乗る。
十字街駅で大きく右に曲がり、左手に函館らしい急な坂道が次々と現れる。
車窓で観光は十分。

函館どつく前駅到着。

これで全線完乗だ。
時刻は16時を少し回ったところ。
さっさとホテルに戻ろう。

翌日は終日函館で仕事。

その次の日、函館駅から札幌行き「スーパー北斗5号」に乗る。

札幌まで3時間47分。

これだけ乗ってもまだ飽きない。

「好き」って気持ちは無敵だ!!

Follow me!