BiSを追っかけて、沖縄料理「びいどろ」「まつもと本店」「ゆうなんぎい」

ひとりごと
沖縄は異国っぽくてお気に入り!

一時期、アイドルの追っかけをしていた。
名前は、BiS(ビス)
日本全国追っかける。
今回は、沖縄の話。

沖縄へは小松空港から直行便で空路、那覇へ。
着いたその晩、どしゃ降り(梅雨!)の中、
国際通りの「ゆうなんぎい」にお邪魔した。

ここは太田和彦の「居酒屋味酒覧」でおススメの店。
まずは定番のフーチャンプルーとラフテーを注文。

フーチャンプルー

ラフテー

アルコール断ちでノンアルを合わせたが、
やっぱり美味しい料理には、お酒が必要か?
2,090円。

2日目の昼。
楚辺」で三枚肉ソーキそば定食850円。
ここは地元の新聞で人気店と紹介されていた。
でも、麺が妙に粉っぽくて、パサパサ感があった。
ここより、4日目の昼に「空港食堂」で食べたソーキそば(650円)のほうが豚肉トロトロでおいしかった。

場所がわかりにくい空港食堂

その夜。
ライブで大騒ぎしたあと、

隠れ家風の居酒屋「びいどろ」に行った。

ここでは、料理にオリオンビールと美ら蛍という泡盛の水割をあわせた。
お通しの後、

シークァーサードレッシングがけ島野菜のサラダ、

ウンチューとハチクのニンニク炒め、

そしてメインの、ミーバイの頭と島豆腐のマース煮。

どれも初めての味だ。野菜も魚も美味しい。

夫婦二人で切り盛りしているこじんまりとした店で、
お客には地元の人が多い。
だから着飾っていない沖縄料理を楽しめる。
お値段も控えめで、4,000円(安い!)。
ただし狭い店なので、予約必須のお店。

3日目の昼。
沖縄にしかない?「A & W」ハンバーガーで、
モッツァバーガーとポテト(S)をテイクアウト。
690円。

ホテルの部屋でノンアルビールと共に食す。
ボリュームがあり、これだけでお腹いっぱい。

そして、夜。
今日もまたBiS のライブで大騒ぎしたあと、

特典会にも参加せず、向かったのは
予約困難という「まつもと本店」。

ここで、名物アグリー豚シャブを味わった。
海ぶどう、島らっきょうに続き、

海ぶどう

島らっきょう

豚肉が皿に盛られて出てきた。

シンプルに肉が美しい!
サッと湯に通し、ポン酢につけ口に入れる。
柔らかい!
そのうえ甘みがある!
家で食べる豚シャブとはまったく別物だ。
あっという間にひと皿平らげる。
勘定は、ノンアルビール2本とさんぴん茶をあわせてちょうど7,000円。
納得のいくお値段だ。

ライブもいいけど沖縄料理、最高!
沖縄はちょっと異国っぽくて、
楽しくて、おいしい街だった。

Follow me!