夏の北海道は無敵だ!ー久しぶりの北海道出張で朝食ざんまい!

ひとりごと
さあ、夏だ!(梅雨、明けていないけど)

北海道から帰ってきた。
もちろん、飛行機で。

新千歳空港、新しくなった!

北海道が大好きだ。
初めて行ったのは、JRがまだ国鉄だった1982年。

当時の時刻表をネットで見つけて購入!

バイトをし食費を切り詰め、
そうやってお金が貯まると、
北海道ワイド周遊券」(大阪発着¥26,400)を買って、
有効日数20日間めいいっぱい、旅をした。

北海道までの特急料金は別に必要だった。

北海道までは、飛行機ではなく列車と船。
あのころ大阪から青森まで直通列車があった。
大阪発9:55の特急「白鳥3号」。
日本海沿いを14時間ひたすら駆けて、
青森に23:51に着く。
そこからさらに青函連絡船
船には定員がある。
多分そのせいだろう。
重いリュックを背負いながら、深夜の青森駅のホームを桟橋まで全速力で走ったのを覚えている。

当時の北海道にはこんなに鉄道が走っていて、ほとんど全部乗った!

あのころ使っていたガイドブック、
とらべるまんの北海道』。

一生の宝物!

自費出版の全部手書きの口コミ情報誌だが、
今でも捨てられない。
この小冊子にはあのころの自分の足跡が、
数え切れないほど刻まれているのだ。

今回は出張だったので、観光はゼロ。
ホテルと支店の往復の途上で、
旧赤れんが庁舎を見たり、

庁舎に続く道

時計台を見たりしただけ。

もう何回見たことか。中に入ったことはないけれど。

唯一、楽しんだのはホテルの豪華な朝食だ。

ホテルのエレベーターから札幌駅

初日は料理を取りすぎ、胃薬のお世話に。

絶対ヤバイって!

2日目、あれほど気をつけようと思ったのに改善されず。

もう56歳なんだから!

3日目になって、ようやく抑えた(つもり)。

あまり変わっとらん

でも、やっぱり北海道、いい!
いつかポンコツ車でも買って、北海道をめぐってみたい。
線路はほとんどなくなったが、
どこかに思い出のかけらは残っているはずだ。

Follow me!