名古屋「トヨタ産業技術記念館」と「ペンギンラッシュ」ー昨日の言い訳

ひとりごと
日帰りでも旅は楽しい。

2019年5月8日、水曜日。
10連休明けの平日。
勇気をふりしぼって(?)、休暇を取った。

高速バスで金沢から名古屋へ。
名古屋、快晴。

まず、トヨタ産業技術記念館に行く。

名古屋駅からバスもあるが、
徒歩で20分弱なので歩いた。

記念館は平日なので空いていた。
受付で入場券を購入し、早速中へ。

後で知ったが、いろんな機械等の実演があり、
それが11時台と14時台に集中しているようだ。

館内は、繊維機械館と自動車館のメイン展示の他に、
小さなエリアも多数あり、ゆっくり見れば半日ほどかかりそう。

繊維機械館はあまり興味がなかったが、

ここは序の口。次に大型体育館みたいなところに機械が100台近くあった!

展示されている機械の数が半端なく多いうえ、
ガイド女性が、
江戸時代の糸の紡ぎ方を1対1で実演してくれたり、
機械の説明をしてくれたりして、
なかなか先に進めない。

自動車館でも、

ガイド女性が、
初代トヨタカーのクラクションを鳴らしてくれたり、
ビデオを流しながら歴史の説明を始めるので、
むげに無視できず、ここも牛歩になる。

でも、いろんな展示があり、
老若男女、それぞれが楽しめる工夫があった。

実演も、
「パートナーロボットのバイオリン演奏」(5分で2曲)と

「蒸気機関」(5分程度)

の2つを見たが、それなりに楽しめた。

あと、ミュージアムショップも充実している。

令和のお菓子にレトルトカレーとハンドタオルと絵葉書

見終わったあとには、ミュージアムカフェもあり、
動力の庭を眺めながら簡単な飲食ができる。

両方とも、PayPayが使えるのはありがたかった。
おみやげもコーヒーも2割引だ。

3時間見学して、終了。
帰りも徒歩で名古屋駅に出て、地下鉄東山線で池下へ。
CLUB UPSETでライブを見るのだ(これがメイン)。

開場5分前。このビルの5階にある。

お目当ては、名古屋発四人組バンド「ペンギンラッシュ」。

RAMMELLSのレコ発の対バン

ジャズやファンクっぽいノリで、
女性ボーカルのハスキーな歌声も好き。

ライブが終わったら、ファン仲間と飲みに行く。
今夜は25歳の男性と二人で「世界の山ちゃん」へ。
「幻の手羽先」、初めて食べたが、ものすごくスパイシーでビールに合う。

これがあの幻の手羽先!

で、すっかり酔っ払って、昨日のようなブログを公開した次第(修正済み)。
飲み過ぎには気をつけよう(でも楽しかった!)

Follow me!