AI、最初の一冊は松尾豊『人工知能は人間を超えるか』ー独学日記その1

めざせ!AI スペシャリスト

本書の概要です。(著者:松尾豊についてはこちら

現在なにが起こっているのか?
ひとことでいうと、
機械学習」の新技術「ディープラーニング」で人工知能が人間を超えるかもしれない、
ということです。
少し詳しくいうと、
1.人工知能研究は、1950年代後半からブームと冬の時代を繰り返し、現在は、第3次ブーム(2010年〜)の真っただ中にいる。
2.進歩の障壁となっていたのは「特徴表現の獲得」ができなかったことだ。
3.しかし、その課題が「ディープラーニング」が登場し、解決され始めている。
この部分を著者の説明で見ると、
いままで人工知能が実現しなかったのは「世界からどの特徴に注目して情報を取り出すべきか」に関して、人間の手を借りなければならなかったからだ。
つまり、コンピュータが与えられたデータから注目すべき特徴を見つけ、その特徴の程度を表す「特徴量」が得ることができれば、障壁はクリアできる。
それを可能にしつつあるのが「ディープラーニング」ということなんです。

今まで、毎日のように流れてくるAIのニュースに、

すごいなぁ〜

と思うだけでしたが、ちょっとスッキリしました。
その一方、まったく知らないことばかりだったので、ちょっとビックリも!

野口悠紀雄

あるものが敵であると考えると、自分からますます遠ざかってしまって、本当に敵になってしまう。その反対に、味方であると考えると、自然に自分に近づいてくる。

という「敵・味方理論」を提唱しています。
ホント、その通りだと思います。

オールオアナッシングで、基本的なことすら知りませんでした。
これからは、

amazonで売っているAIに関する本は全部読む!

そのくらいの気持ちで、AIを味方につけたいと思います。

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
KADOKAWA
¥891(2020/10/14 21:39時点)
具体例で説明していて分かりやすい初心者向け参考書!

Follow me!

PAGE TOP