iPadでプログラミング!-「Swift Playgrouds」は神アプリ!?

めざせ!AI スペシャリスト
今の子どもは大変だ

このアプリのためだけにiPadを買っても損はない!

そんな惹句におもわずDLしたのが、これ。
iPad用のプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds(スウィフトプレイグラウンズ)」だ。

無料アプリ

何のアプリかというと、
アップルが開発したプログラミング言語「Swift(スウィフト)」に触れながら、
基本的なプログラミングの概念を体系的に学べる、
というもの。

以前、「Scratch(スクラッチ)」を触ったことがあるが、

Scratchは人気NO1のビジュアルプログラミング言語

このアプリは、
そんなビジュアル言語から、
Python」のようなテキストコーディングへの橋渡し的ツールで、
最近は、
CodeMonkey(コードモンキー)」や

codemonkey(有料)

CodeCombat(コードコンバット)」など、

code combat(有料)

同じようなものがいろいろ出てきているそうだ。

それでも、さすがアップル。
キャラクターをSwiftで動かしながら宝石を集めていくのだが、
3Dとか音とかデザインとか、
いろんなものがシームレスにつなげられていて飽きさせない。

「プログラムを学ぼう2」のキャプチャー画面

子ども向けというが非エンジニアの大人でも十分楽しめるレベルだ。

しかも楽しいだけではない。
このアプリの一番の特徴は、

「Swiftを学ぶことで、普段使っているアプリも自分で作れるんだ」

と、子どもたちが気づくことだ、という。
実際に「歩きスマホ防止アプリ」をつくった高校生グループもいるそうだ。

わたしたち大人も負けてはいられない。

まずは、この2つから!

まずは「コードを学ぼう」の1と2に取り組もう。

これだけのことが学べる!

実際にやってみると、おもしろい。
楽しみながら、
プログラミングの基本まで学べるのだから、ホントありがたい。

これからは、
YouTubeで動画をだらだら見る代わりに、
このアプリをいじってみたい。

Follow me!