昔の名前で出ています?ー20年前書いたエッセイはいろんな意味で刺激的!

ひとりごと
映画館といえば、これ!

昔の文章を読むと恥ずかしい。
なんでこんなに恥ずかしげもなく自己陶酔できたのか?

とはいうものの、
自分が書いた文章なので嫌いではない

20年前に書いた映画の紹介文を見つけた。
30代のとき作っていたフリーペーパーに載せたものだ。

映画は『ひなぎく』(1966年・チェコ・スロバキア)。

2000年に札幌の「シアター・キノ」で上映され、
ダゲレオ出版からビデオも出た。

ーー例えば大切にしていたグラスを割ってしまったとき。
絶対見たいコンサートのチケットが取れなかったとき。
少し酔って携帯をいろいろかけてみたけど誰も出なくて、かえって人恋しくなったとき。

そんなときこの映画を見る。
見ているうちに少しへこんだ気持ちが膨らんでもと通りになる。
そんな不思議な映画だ。

そもそもストーリーがない。
最初から最後まで女の子2人がぴょんぴょん飛び跳ね、声をあげて笑い、ひたすら飲み食いする。
それだけだ。

水着姿で日光浴している。
片方が相手のほっぺを平手打ちした瞬間、ふたりとも草原に転がり込む。
シャンデリアの上に乗り、はしゃいでブランコのようにこぐ。勢いがつき過ぎて、次の瞬間、川にはまる。

牛乳風呂に入浴したまま、バスタブの牛乳を飲む。
部屋の天井からトイレットペーパーの切れ端をいっぱいつるして火をつける。
テーブルの上に乗り、ハイヒールで食べものを踏みつけながら歩く。
「生きてる、生きてる、生きてる」と言い続け行進する・・・。

なんといったらいいんだろう。
好きな女の子に
「私のどこがすき?」
と聞かれたときの気分に似ている。

話しかけてくるとき見せる一瞬の表情、まなざし、そのしゃべり方。
家まで送って車を降りるとき見せる一瞬のためらい、バイバイという消えそうな声、その後ろ姿。

ぜんぶ丸ごと好きだ。

理屈じゃなく、ただ好き、という感じ。
まるでこの映画に恋をしているみたいだ。

Follow me!