もやし生活、始めませんか?ーナンプラー使ったサイバラ流豚しゃぶ!

ひとりごと
豚しゃぶが明日の弁当のメイン!

2019年10月2日。
今日のお昼は、
厚揚げ入りの麻婆豆腐ジンギスカン

少し大きめの弁当箱。

ジンギスカンは、
ラム肉ともやしの相性が抜群なのだが、
もやしを切らしていて、キャベツと青ネギで代用。
タレは手づくりした。

麻婆豆腐は、
新宿中村屋 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐」(178円)
を使い、パパッと作った。

amazon定期便でヘビロテ中!

商品名通り、スーパーでは売れないほど、容赦のない辛さだ。

そして、今夜の夕食。
西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』で紹介されていた絶品メニュー、

実際の料理は枝元なほみが考案し作っている。

ぶたの冷シャブ」を作る。

最後にごま油をひと回しするのも必須!

2015年2月22 日に初めて作り、

もやしを食べるなら、これが日本一のメニューだ!

と惚れ込んだ逸品。
それ以来、秋冬の定番メニューだ。

この料理のポイントは、
肉の味付けにナンプラーを少量使うこと。

メインの味付けはポン酢。旭ポンズは大阪名物!

石川県にも「いしる」という魚醤があるが、

別名、いしり。能登のイカで作る

ナンプラーはタイの魚醤。
独特の発酵臭がするが、慣れればクセになる。

価格は、ユウキの70mlの小瓶で税抜き258円。

500ml買って何度も余らせた。

(これでも14回分ある!:小さじ1/回)

少し割高感があるが、
賞味期限切れでムダにするよりはいい。

豚しゃぶ肉が高いので、ひんぱんには作れないが、
セールの日をねらってでも、
ぜひ一度は試してほしい。

食感もよく、あっという間に完食!

もやしの実力を実感できる渾身のメニューだ。

Follow me!