RIZAP、羽目をはずすならここがいい!ー「ちょう吉」の親子丼!

おじさんの金澤
やっぱり日本人には米のご飯!

RIZAPを始めて半年以上になる。
この間、米のご飯はいっさい口にしていない。
たまには羽目をはずしてもいいんじゃない?

でもせっかくはずすならおいしいご飯が食べたい。
それで思い出したのが、東茶屋街にある
地鶏焼き鳥の店「ちょう吉」

羽目をはずすなら、ここの親子丼がいい!

この店に初めて行ったのは2年前の秋のことだ。
そのときの感想がこちら。

ーーー店に着いたとき、ちょうどお昼どきで、
メニューは「親子丼、漬物・味噌汁付き」のみだった。

カウンターに座ってまずは冷たいお茶でちょっと一服。
店主は調理に忙しい。

何気に見ていると、たまごを手早くかき混ぜる店主の手さばきに、
「この店選んで正解!」と食べる前から勝利宣言した。

やがて出てきた親子丼は、
底につゆが溜まるくらいのつゆだく。

上のたまご(能登どり)もふわふわしているので、さくさく食べられる。

かきこんでいると急に歯ごたえを感じて
「おお、鶏肉だ!」
と、いったん丼をカウンターに置く。

「そうそう、ゆっくり味わって食べよう。この店、備長炭で焼いた地鶏なんだよな」
と、おもむろに味噌汁に手を伸ばす。
それでもあっという間に平らげ、気づけば空腹感はどこへやら。

お客は観光客ばかりではない。
地元の人が日常使いしている。
旨さを主張しすぎない味は、ちょこっとほこっとする味。
素材へのこだわりもうれしい。
茶屋街で和食をサクッといくならおすすめ!・・・。

読み返してたら、本当に食べたくなった。
週末あたり、羽目をはずしてみるか。

Follow me!