夏フェス、どれに行く?ー「夏びらき大阪」に行ってきた!

ひとりごと
夏びらき大阪はゆったり音楽を楽しむフェスだ

2019年6月22日、土曜日。
この夏初の野外フェス「夏びらき大阪」に行ってきた。

金沢から遠征するには
こじんまりとした地味なフェスだ。

音楽堂は緑地公園駅から歩いてすぐ

会場の服部緑地野外音楽堂のキャパは、
固定席1,700(ステージ前方にスタンディングエリアあり)だし、
出演アーティストは9組で、ビッグネームはいない。

SIRUPが一番人気あった。お目当てはiri

でもじゅうぶん楽しめた。
野外フェスなのにアーティストとの距離が近く、
生演奏を聴いている感じをたっぷり味わえたのだ。

SIRUP出演直前。この日一番の混雑!

出演後のアーティストが気軽に客席に出てきて、
別のアーティストを聴いていたりした。

そんなゆるい空気感につつまれ、
1日、のんびり音楽を楽しめるフェスだった。
それは主催者インタビューからも読み取れる。

いま、日本全国フェスだらけだ。
フェス選びのポイントは、
夏フェス歴10年超の経験からいうと、

快適に過ごせるかどうか?

それに尽きる。

具体的にいうと、

なにかをするのにどれだけ並ばないといけないか、だ。

なにかとは、入退場、トイレ、飲食で、
とくに女性トイレで長蛇の列になるフェスは行く価値がない!

そんなの事前に分からない、というときは、

開催回数が多いか?

それを基準にすればまず間違いはない。

では、この「夏びらき大阪」はどうだったか?

ホント、快適だった。
ストレスを感じるシーンはなかった。

要望としては、

  1. 飲食持ち込み禁止なのだから、もっと店を増やしてほしい。
    飲み物も会場内で買うしかないのに、
    チケット代4,500円の他にドリンク代600円必要ある?
  2. 飲食持ち込み禁止、撮影禁止ルールを徹底してほしい。
    ほぼ野放し状態で、多くの人が動画を撮りまくっていた。

こと。

夕方一時通り雨が。大阪はまだ梅雨入りしていない!

梅雨のこの時期、雨のリスクが高いけれど、
夏が待てない音楽好きで
大阪近郊在住なら、おススメ❗️

Follow me!