ミニマリスト! それが幸せ方程式の解⁉️ ー『手ぶらで生きる。』(しぶ著)

独学の基本

ミニマリストって、断捨離して、モノを捨てることでしょ?

『手ぶらで生きる。』というタイトルからも、そんな感じ。

・・・違いました。

ミニマリストとは、

「自分の好き 」を選び取り 、それ以外を排除することで 、本来 、自分が打ち込むべきことに時間やお金を費やせる状況をつくり出すこと。

えっっ‼️
それって、私にとっての効用最大化‼️(※)

※ 効用(utility) : ミクロ経済学でいう幸せ。満足度。個人は効用最大化を目指すとされる。

朝から晩までずっと大好きなことに打ち込む。
そんな暮らしがしたいと思っているんです。

数年前から、頭の中にこんな方程式があります。

自由時間お金

時間とは、自由に使える時間(Time)のことです。
お金(Money)とは、働いて稼ぐもの。
ここでは、貯蓄や資産運用については考えません。

仮に時給をw、労働時間をLとおくと、

M = wL

T = 24 ー L

で表せます。(1日は24時間なので)

私の幸せ(効用)最大化は、Tの最大化。
最大化するには、Lを最小化すればいいだけです。
ただし、Mもたくさん欲しいです。

なんて欲張り!( ← にんげんだもの by相田みつを)

でもそのためには、働く時間を増やさなければいけません。

つまり、
モノを買うためにはお金が必要で、
お金を稼ぐためには自由時間を削って労働時間を増やさなければいけません。

それを著者は、

物を買うときに支払っているのはお金ではなく 「時間 」という認識が必要だ。

そう考えて、

「無駄 」を洗い出してはそぎ落とし 、必要最小限の物に囲まれ 、必要最小限のお金で生活する。

それがミニマリストという生き方だと定義しています。

モノを減らすことは、自由時間を増やすこと。

だとすれば、ミニマリストをめざすこと、
それが私の生きる道⁉️

私にとって、方程式の解(答え)をひとつ、いただきました。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
サンクチュアリ出版
¥1,188(2020/11/25 10:09時点)
真似はできませんが、生活のヒントや気づきがたくさん詰まっています。

Follow me!

PAGE TOP