終戦記念日にはいつも思い出すーボブ・マーリー『War/No More Trouble』

ひとりごと
No More War !

2019年8月15日、終戦記念日

74年前のきょう、
昭和天皇がラジオ放送(玉音放送)で、
日本の降伏を国民に伝えた。
この日、3年9カ月に及んだ太平洋戦争が終わった(*)。
(* 終戦の日については諸説あり)

同じ過ちを繰り返してはいけない。

大きな代償を払って私たち日本人が得た教訓だ。

終戦記念日には、
ボブ・マーリー「War/No More Trouble」(アルバム『Babylon By Bus』収録)

オリジナルは1978年11月10日リリース。

のなかで繰り返されるフレーズ、

No More War (No More Trouble)

を思い出す。

高校2年の冬、友達から教えられ初めて聴いたとき、
涙が止まらなくなった曲だ。

レゲエのレジェンド、ボブ・マーリーの乾いたボーカルが、
曲の後半にかけ、息もつかせぬほど畳みかけてくる。

There’ll be always war,now
There’ll be always war
And the war in the east
War in the west
War up north
War down south

Some winnin’
Some losin’
Some dyin’
Some cryin’
Some singin’

We don’t need
No More Trouble…

何度も繰り返される
No More Trouble,
No More War
というフレーズ。
単純だが力強い言の葉(ことのは)に、
今聴き直しても心がざわつく。

憎しみからは何も生まれない。
振り上げたこぶしでは問題は終わらない。
戦うことで、争うことで、
なにも、なにひとつ、解決しないのだ。

この名曲を自分の体に刻み込みながら、
平和への祈りを捧げ続けたい。

Follow me!