今週末はお寺で「座・ゆるりフェス」!-金沢地元の野外フェス!

おじさんの金澤
野外フェスは開放感が最高!

長いゴールデンウィークも明け、
5月ももう半分を過ぎた。

今週末、2019年5月18日、土曜日。
今年も「座・ゆるりフェス」が開催される。

場所は倶利伽羅(くりから)不動寺というお寺。
初開催の昨年は、ゴールデンウィークの5月5日に開催されたが、
第2回目の今年は後ろに2週間ずらされた。

これは2018年のチラシ

昨年は陽が落ちてから寒くて大変だったが、
今年は大丈夫だろう。

金沢で開催されるフェスは貴重だ。
お寺のフェスだけにロックではない。
アーティストも、bird以外は知らなかった。
それでも昨年(2018年)は参加した。

金沢からIRいしかわ鉄道で倶利伽羅駅へ。
そこから無料送迎バスに乗って数分でお寺に着いた。
家から会場まで30分。
ありがたい。

天気もいい。
チケット(3,000円。今年は4,000円)をリストバンドに交換し、

本堂から離れた場所にあるフードエリア

1ドリンク付きなのでさっそくビールを飲む。
(今年は別途ドリンク代500円必要)

飲みながら8つの飲食ブースを見回すと、
炭火焼きの分厚いローストポークが美味しそう。

列もできてないので、買ってみた。
700円でこのボリューム!

ビールに合う。
奥のDJブースからご機嫌な音楽が流れてきて、
このままずっと飲んでいたくなる。

しかし、せっかく来たので重い腰を上げて、
階段を上って本堂前のメインステージへ。

最初、誰もいなかったが、
ステージが始まると人が集まってきた。

フェスはあっという間に時間が過ぎる。

ステージとフードエリアが離れていて、
ちょっとめんどくさい。

陽が陰ると急に寒くなった。
本堂近くに別のお祭りの飲食ブースがあり、
麺を茹でる湯気が立ち上っていた。
その湯気に引き寄せられ、月見そば500円。

あったまる。

しかし、さらに冷え込んで来た。
持ってきた衣類を全部着込む。
それでも寒い!

そして、いよいよbirdの登場。
パーカッションが刻むリズムに、自然と身体が動いていく。
野外フェスっぽい感じになってきた。
最高!
(それにしても寒い)

アンコールでは、デビュー曲「SOULS」を披露。
今日一番の盛り上がりとなった。

ステージが終わり、参道を下りながら考えた。

金沢でこの時期、夜の野外はつらい。
来年(2019年)参加するならダウンパーカ必須だな。

・・・と思ったが今年は改善された。
天気予報も晴れだ。

私はフェス自粛中なので今年は行けないが、
メインに土岐麻子が出演するので、
今年も盛り上がるだろう。

金沢の地元フェスとして、
これからもずっと続けてほしい。

Follow me!