AIスクールに通うべきか?ー通って初めてわかったこと〜2019年11月

めざせ!AI スペシャリスト
我が学舎(まなびや)、キカガク長期コースの教室。

2019年11月、霜月。
これから半年間、毎週日曜日、
東京でAIスクールに通う。

帰りは毎週夜行バス!

いままで、

スクールに通わないと勉強できないなんておかしい!

と、独学主義を通してきたが、
初めてこういうスクールに通い始めて、
わかったことがある。

それは、

スクールは、
ものを教えてもらいに行く場ではない!

ということだ。

どういうこと?

と思われるかもしれないが、

実際に、
機械学習ディープラーニング
Docker仮想化などの環境構築、
WebスクレイピングHTMLCSSのWeb技術など、
一から十まで教えてくれるわけではなく、

こういうものがあって、
こういう感じで使えるよ!

という「カタログ」を見せてもらうだけで、
習得は、自分で独習するのだ。

えっ、それって詐欺じゃん!

と驚かれるかもしれないが、

そこがスクールのいいところなのだ。

具体的には、

ぜんぶは教えてくれないんだけど、
わからないところをすぐ聞ける。

〜わからないところでつまづいたままにならないのは大きい。

わかるという小さな成功体験を積み重ねることで、
AIを自主的に勉強しようという気持ちがわいてくる。

〜自分からやろうという気持ちになれば、最強だ。

通学が生活の核になり、勉強が生活の一部になる。

〜継続することは習得への最短距離だ。

いま(2019年12月)、
自然言語処理(NLP)に興味を持ち始め、
学習を始めたところだ。

NLPに興味のある生徒がいていろいろ話し合える。

〜いい意味での「ライバル」を持つことは大きなモチベーションになる。

だから、
高いお金を払ってまでスクールに通う価値はあると思う。
あとは、自分次第だ。

Follow me!