AIは地球を救えるか?ーSDGs meets テクノロジー

めざせ!AI スペシャリスト
AIで持続可能な地球を!

テクノロジーは中立、という。

技術(テクノロジー)そのものに善悪はない。
それを使う人によって、善にもなれば悪にもなる。
原子爆弾は許されないが、そのテクノロジーじたいに罪はない。

これまで、AIやITは、
企業の収益向上や業務効率化に使うものとばかり考えてきた。

しかし、それだけではないのだ。
テクノロジーを、地球の(わたしたちが住む地域の)課題解決に使う。
そんなトークイベントに参加した。

テーマにあるSDGs (エス・ディー・ジーズ)って、最近よく耳にする。

正式には「Sustainable Development Goals」といい、
持続可能な世界を実現するための17の国際目標だ。
2015年9月の国連サミットで採択されたというから、3年以上前からあるのだ。

どこかで見たようなものばかりだが、特筆すべきは、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)という理念だ。

つまり、地域の課題を「他人事」ではなく「自分事」として、みんなで解決していこうというのだ。

そんな活動にAI・ITテクノロジーを活かせないか?

この問いかけに、
金沢市民の課題をテクノロジーで解決しようとする団体、
Code for Kanazawa の取組みが紹介された。

メインゲストの
国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット事務局長の永井三岐子さんは、
「おもしろい!」
と膝を打った。
「そんな発想はなかった」
と。

たとえば、このアプリ。

金沢で住んでいる地域を選ぶだけで、ゴミ収集日が自動表示される。
ゴミのジャンル別に、捨てることができるゴミの一覧を見られる。

アプリのソースコードはオープンで、全国どこでも無料で使える。

身震いした。
AIやITが世の中を変えていくけれど、
それは、企業のもうけとか生活の利便性だけではない。

SDGs meets テクノロジー。
幸せな出会いになればいいな。

Follow me!