事業承継、働き方改革への対応で苦しむ中小企業をサポートしたい!ー中小企業診断士研修会で思ったこと

めざせ!AI スペシャリスト
石川県庁。今日も最高気温33度!

2019年9月7日、土曜日。

真夏に逆戻り。なので昼は冷麺!

石川県地場産業振興センターで、
令和元年度 中小企業診断士理論政策更新研修会」を受講した。

テキスト表紙

この研修会、
診断士資格の更新要件のひとつになっているので、
毎年一度受講しなければいけないのだ。

今回のメインテーマは「事業承継」。

経済産業省令和2年度概算要求
地域・中小企業・小規模事業者関係の概算要求
の一番目に挙げられているのが、

©️経済産業省HPより

事業承継・再編・創業等による新陳代謝の促進
で、要求額は前年比80%増の232億円となっている。

経営者の高齢化人手不足人口減少と、
中小企業・小規模事業者を取り巻く環境は厳しい。

これらに加え「働き方改革」の規制がさらに経営を圧迫する。
労働者にとってはありがたい話が、
経営者にとっては諸刃の剣になる。

会社訪問をする中で、

この少ない人数で、有給休暇5日間取らせるなんて無理!

という経営者の悲鳴ともいえる話をよく聞く。

©️厚生労働省HPより

さらに、2020年4月からは、
時間外労働の上限規制、も導入される。

©️厚生労働省HPより

会社をやめろというのか!

と、労働基準監督署(労基)とケンカした社長もいると聞く。

©️厚生労働省HPより

そもそも働き方改革の目指すものは、
少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少などの課題に対応するため、
働く人の意欲・能力を存分に発揮できる環境づくりだ。

研修会を受講し、

経営者も労働者もともにハッピーになるような態勢づくりのお手伝い

これが中小企業診断士の仕事だな、
と改めて思った。

これからは、そんな信念を持って、
ITコンサルタントとして会社訪問をしていきたい。

Follow me!