エラー対応ができて一人前!ーなにもA Iに限った話ではない!

めざせ!AI スペシャリスト
model.fit(モデルの学習)のコードで出たエラー!

2019年12月15 日、日曜日。
今週も、東京で「キカガク長期コース」だ。

11月3日に始まったこのAIスクールも、
今日で6回め。
講義は、機械学習を終え、
はや、
ディープラーニングの画像認識から自然言語処理まで進んでいる。

AIの学習でつまづくのは、
モデルの実装でエラーが出たとき。

講義中は質問すればいいのだが、
宿題のときは困る。

Slackで質問できるが、
リアルタイムで答えが返ってくるわけではない。

Google で調べればいいのだが、
たとえばこのエラー。

モデルの学習コード

どうやってググる?
エラーの内容は、最後の行の

ValueError: Error when checking input 〜

の部分。

英語だし、
ググっても回答も英語だし、
気が滅入る。

ただ、モデルの実装では、

このエラー対応がいちばん重要なスキルだ、

と思う。

先日、

「あなたのブログのサイト、SSL対応されてないよ」

と指摘を受けた。
実は、レンタルサーバーのロリポップSSLサーバ証明書は取得済みだった。
それがWordPress に反映されず(エラー状態だ!)、
そのまま放置してたのだ。

さっそくググって、
必要なプラグインをダウンロードして、
SSLを有効化できた。

システムでエラー出たら放置するのが文系流?

こんなふうに、今までエラーが出たら、

しょうがない。なかったことにしよう。

で済ませてきた。
でも、このスクールで、
エラー対応できなければなにも前に進まないことを実感した。

新入行員研修で(もう33年前!)、

「商品を勧めてお客さまに断られたとき、どれだけいい笑顔を見せられるか、それがセールスでいちばん大切なことです」

と教えられた。

いろんな意味で、
エラー対応できるように精進したい。

Follow me!