「ソロ活」の次は「ヘヤ活」!ー『部屋を活かせば人生が変わる』

おじさんの金澤
若い頃ってなんであんなに寝られたんだろう?

2007年1月、ここ北陸に移り住み、金沢駅前にワンルームマンションを購入。
諸費用込みで約12百万円だった。

狭かったが、駅から徒歩3分という立地に惚れて即決した。
駅前なら、いつでもそこそこの値段で売却できる。

しかし、当然住みにくい。
会社から帰って寝るだけの箱。
週末は、ほとんどひとり旅で「外泊」していた。

それが、2013年11月。
部屋を考える会著『部屋を活かせば人生が変わる』という本に出会った。

衝撃を受けた。

部屋には、人生を変える力があります。
あなたがこれからどんな人生を送るのか。
そのすべては、あなたの部屋にかかっています。

冒頭のあおり文句に、
「ほんまかいな⁉️」
とツッコミを入れつつ、続きを読むと、

部屋が変われば、あなたの意思は自然に強くなり、
眠っていた能力が引き出されてくるからです。

「そんなはずないやろ‼️」
とツッコミも厳しさを増したが、

「ヘヤ活」する(部屋を活かす)とは、
「道」が通り、
「流れ」のある部屋を作ること、です。

「えっ⁉️」
「なにゆうてるかぜんぜん分かれへんねんけど・・・」

けど、このフレーズが、
なんか響いた。

その本買って、一気に読んだ。
読んでこうおもた(思った)。

リノベーションしよう❗️
人生やり直そう❗️
(まあ、その頃いろいろあったわけです。)

ちょうど50歳、人生の折り返し時期でもあった。
やるなら本格的にやろう。
そう決めて、プランニングに半年かけ、
2014年6月、内装を全部ぶっ壊し、一からリノベーションした。
予算は4百万円。

部屋は収納場所ではなく、生活する空間だ。
コンセプトは、最低限の機能をもった箱、
「屋根のある空き地」。
モノは最小限にしようと決めた。

まず室内のドアをなくし、
玄関からベランダまで一直線の「道」を通し、
「流れ」のある部屋にした。

できた空間はこんな感じ。

これはキッチン。

で、あれから、もう4年。
人生変わったんやろか?

ーあんまり変わってない気がする。
「ヘヤ活」足れへんのかも。

ソロ活やらヘヤ活やら、
人生、やることいっぱいやん!

Follow me!