「じわもん」を中華料理で味わう夢のようなセミナーに参加した!

おじさんの金澤
じわもんを中華料理で!

金沢弁で、地物(じもの)野菜等の食材を「じわもん」とよぶ。
2年前(2017年)の10月7日土曜の昼下がり。
じわもんを使った創作中華を楽しもうというイベントがあった。

名付けて、
「ヌーベル・キュイジーヌ・シノワーズ・アラ・金澤」。

司会の女子大生が何度もかんでいた。

参加費は3,000円。
開始時間は14時。
だから大したものは出ないだろう。
そんなに期待せずに参加した。

しかし2時間後。
予想はうれしいほうに外れた。

次から次にシェフ渾身の料理が出てくる。
昼ごはん食べてこなきゃよかった。

オードブルから、
がんどブリ、五郎島金時(サツマイモ)、能登豚など、じわもんがいっぱい。

料理は、鶏、魚、豚と続く。
まずは「ハトムギ詰め鶏手羽先揚げ、鴨肉とナッツ入りパイ」

次は、「白身魚のガーリック風味蒸し」

能登いしるという醤油、味わい深い。

ここで、佐藤調理長登場。

イタリアンのシェフのようなイケメンだ。

そして、メイン。
「県産αのめぐみポーク じろ飴ペッパーソース」

蒸しパンにはさんで食べるのだが、蒸しパン自体が美味しい。

豚も柔らかくて臭みがない。

そして、締めのご飯は、
「加賀れんこん、栗、能登大納言小豆などのもち米ご飯」

ハスの葉に包まれている。
ホクホクしたご飯がほぼ満腹のお腹に優しい。

言い忘れたが、今日はワイン飲み放題。

能登のワイナリー「HEIDEE WINERY」の提供で、
グラスが空くたび、すかさずウェイターが注ぎに来てくれる。
だからこの時点で、完全に酔っ払いじじい化していた。

最後にデザートまであった。

佐藤調理長、ありがとう。
金沢学院短期大学、ありがとう。
ついでに金沢市もありがとう。

毎月やってくれてもいい。
そんな「おいしい」セミナーでした。

最後に佐藤調理長と記念写真!

Follow me!