2019年1月、A Iスペシャリストへの道を走り始めた文系55歳!ー受験3つを第一の目標に!

めざせ!AI スペシャリスト
ディープラーニングG,E検定合格者!

2019年1月。

「めざせ、AIスペシャリスト」

を目標に掲げた。
しかし、
なにを目標とすべきか、
なにを勉強していいかまったくわからなかった。

エンジニアでもない55歳の文系一筋おやじが、
なにをめざせばいい?

そこで、試験を受けることにした。
試験をメルクマールにすれば、
合格することがモチベーションとなって、
勉強を継続できるはず、と考えた。

ネットでいろいろ調べて、
次の3つを選んだ。

まずは、
「ディープラーニングG検定」

試験に受かることが目的ではない

この試験は、

「ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する」

もので、
まさしく文系でAIに興味がある人が対象の試験。

主催の
「日本ディープラーニング協会」
って聞いたことはなかったが、
松尾豊氏が理事長をしているのでまちがいはないと思った。

日本のディープラーニングの第一人者

あと2つは、
IPA(情報処理推進機構)主催の国家試験
「ITパスポート」

ITを利活用するすべての社会人の方へおすすめの試験だそうだ

「基本情報技術者試験」

毎年4月と10月の2回。

A Iには直接関係ないが、
Web技術などITの基礎知識をITパスポートで試し、
理系エンジニアの入口として基本情報技術者試験に挑戦しよう、
と考えた。

メインのディープラーニングG検定の次回試験日は2019年3月9日。
2カ月もある。

なので、
引き続きA I 関連本を買いあさったり(1月は30冊、32,449円)、
社内でA Iセミナーを開催したり(教えることが勉強になると考えたが、わけもわからず受講した人はいい迷惑だったと思う)、
A I勉強会を立ち上げたり(他のメンバーはAIにまったく興味がなく、ホントいい迷惑だったと思う)、
と、
2019年1月(睦月)は、
五里霧中の視界不良状況のなか、
ただひたすらこれが前だと信じ、
突き進んでいたのだった。

Follow me!