AI山頭火(仮)!ーキカガク長期コースでつくるWebアプリはこれ!

AIアプリ制作
プレゼン用のパワポ作った

2020年2月16日、日曜日。
これから5月10日までの84日間で、
機械学習を応用したWebアプリを制作する
自走期間」に突入した。

わたしがつくるのは、

AI山頭火()

自然言語処理(Natural Language Processing : NLPと略される)に使われる

RNN(Recurrent Neural Network : 再帰ニューラルネットワーク)

を使って、俳句を詠もうと思う。

名称は、
放浪・孤高の俳人として、
昔から大好きな俳人、山頭火(さんとうか)とした(仮称)

ちくま文庫の『山頭火句集』は、
きれいな画もあり、愛読書のひとつだ。

旅に出たくなる一冊

このアプリのコンセプトは、

日本の伝統文化 ✖︎    最先端技術AI

俳句は、
日本で生まれた世界一短い定型詩で、
日本の貴重な「遊び」の伝統文化。

かたや最先端の人工知能AI。

その伝統と最先端のコラボで何が生まれるか?

AIがつむぐ俳句が、
どれだけわたしたち日本人の感性に伝わるか、
考えただけでもワクワクする。

さらに、
若い世代が、ゲーム感覚で俳句に親しんでくれれば、
日本の伝統文化の継承にもつながる。
そんな思いもある。

幸いにも、
昨年(2019)7月、
「AI俳句協会」なるものが設立されていた。

さらに、
「AI一茶くん」
という俳句を詠むAIも存在する。

©️SAPPORO AI LAB

いま、俳句が熱い!(AIもまだまだ熱い!)

先人の功績をうまく活用して(いまは、パクりではなくリスペクトという)
AI山頭火()をかたちにしたい。

さて、大きな話はここまでにして、
まずは、
ゼロから作るディープラーニング2ー自然言語処理編』。

けっこう手強い! けど頑張る!

学習モデルについて理解を深めるところからスタートだ!

Follow me!

コメント

  1. […] 1.必要な機能の洗い出し(→ブログ) 2.UIのワイヤーフレーム化(→ブログ) […]