大好きな音楽を珈琲屋でー漱石『夢十夜』とピアノ・チェロ@cowry coffee

おじさんの金澤
珈琲と音楽のマリアージュ

2018年2月12日、振替休日。
今日も雪。
金沢の町はずれにあるcowry coffee
今日は、このいちばんのお気に入り珈琲屋で、
大好きな音楽を聴くのだ。

市内からバスで35分。
バスを降り、雪の中を歩いて30分。
cowry coffeeも雪の中。

中に入ると暖かさに包まれホッとする。
ご主人が声をかけてくれる。
奥さまがリュックの雪を払ってくれる。
そのあったかさで身体も心もホコッとする。

ここではたまに音楽イベントがある。
前回は2017年11月4日。

「ハーディー・ガーディー」という珍しい民族楽器とギターのライブだった。

中世の西ヨーロッパ起源とされる弦楽器

そして今回は、朗読そしてチェロとピアノの演奏会。

題して「夢十夜 in cowry」。

毎回趣向を凝らしたイベントだ。
だからこんな大雪の日にも人が集まる。

まずは、コーヒーをいただく。

この一杯のために雪の中を。

チラシには、
珈琲・門脇悠。
すでにイベントは始まっている。

それから。
15:30、チェロとピアノの演奏が始まった。

演奏・富田祥チェロ/浅井隆宏ピアノ

それから。
夏目漱石の『夢十夜』の第1夜が朗読された。

朗読・青木栄美子(BBT 富山テレビ放送)

朗読が終わると、チェロとピアノの演奏が始まる。
「こんな夢を見た」で始まる『夢十夜』。
第3夜まで繰り返された。

プロアナウンサー・青木さんの声が描く漱石の幻想の風景、
チェロの哀愁を帯びた音色、
ピアノの深く短い響き。
目をつぶれば、
そのすべての音が、はっきりとした映像を結ぶ。

漱石が見た甘い夢、そして悪夢。
その世界に引きずりこまれ、
どこまでもどこまでも、
深く深く落ちていく。

窓の外は雪。
まだやみそうもない。

Follow me!