めざせ!AI スペシャリスト

めざせ!AI スペシャリスト

『仮想空間シフト』で大きく変わる仕事観ー変化の波に乗るための一冊

『ほぼ日手帳』でおなじみの糸井重里は、 日経MJのインタビューで、 ひとがもともと持っていた喜びや望みが今回のコロナを機に変わるという意見は、はやりに乗った議論だなと思いました。 という(敬称略。以下同様。) たしか...
めざせ!AI スペシャリスト

中小企業診断士としてAIでできることはなにか?

AIに興味を持ち始めてすぐ、 京都府中小企業診断協会のウィキ京都研究会が開催した 「京町家で学ぶ! AI時代における中小企業診断士の企業支援法」 というセミナーに参加した。(そのときの模様は、こちら) そのセミナーの概要...
めざせ!AI スペシャリスト

ポストコロナ時代のビジネスモデルとは?ー『アフターデジタル2』読書ノート

コロナの時代になって、 ヒトが集まるところには行けず、 ヒトとの接触も避けるようになり、 ヒトの行動パターンは大きく変わった。 その一方で、 あらゆることがオンライン化されるので、 リアル(オフライン)はかえって貴重なものに...
めざせ!AI スペシャリスト

ディープラーニングはすごいけど、AI=ディープラーニングではない❗️

前回、 AI(人工知能)が1956年誕生し、 ML(機械学習)が2010年頃第3次ブームの口火を切り、 DL(ディープラーニング)が2012年デビュー! というお話をしました(前回のブログは、こちら)。 これで、オールスターが...
めざせ!AI スペシャリスト

人生いろいろ、AIも!ー山あり谷あり、今度が三度目の正直!?

世界初のコンピュータが、この世に生まれたのが1946年(昭和2年)。 場所はアメリカのペンシルベニアで、 名前はエニアック(ENIAC)。 そのわずか10年後の1956年(昭和12年)。 AI(人工知能)という言葉が初めて、
ア...
めざせ!AI スペシャリスト

AI(人工知能)とはなにか?ー文系おじさん的考察

金沢市のあるベンダーの社長がこう言われました。 さて、黒塗り箇所にはなにが入るでしょう? 答えは、 AIを 「助けて!」と叫ぶと、 未来の道具でなんでも願いを叶えてくれる猫型ロボット、 と思っている ...
めざせ!AI スペシャリスト

文系おじさん向けAI本最初の一冊は?ー二冊目も!

2020年9月26日、土曜日。 久しぶりに大勢の前で、 「AI(人工知能)」についてお話する機会があった。 発表用スライドは20枚。 多くの書籍を参考にしたが、 役立った本を2冊紹介したい。 1.文系おじさんが読...
おじさんの金澤

オンライン全盛のいまだからこそ大切にしたいオフライン!ー銭湯のある町を歩いて

2020年9月20日、日曜日。 4連休2日目。 今日も天気がいい。 昨日は海に行ったが、 今日は犀川の向こう、 「中村町地区」を歩いてみたい。 人であふれる金沢駅をぬけ、 犀川にかかる御影大橋へ。 ...
めざせ!AI スペシャリスト

AIのチャンスをつかめるのは若者だけ!?ーDCON2020の高専生に脱帽!

NHK Eテレ(教育テレビ)の「サイエンスZERO」で、 DCON2020本選(*1)の模様が、 2020年9月6日、13日の2週にわたって放映された。 *1 DCONは、高等専門学校生(以下、高専生)が日頃培った「ものづ...
めざせ!AI スペシャリスト

脱ブラックボックス!〜AIの説明責任とは?ーCDLE第4回勉強会より

1.ディープラーニングのブラックボックス問題とは 「ディープラーニングが出した答えが、どんなふうに考えて出してきたのか分からない」 ことをいう。 ディープラーニングは、 深いネットワーク構造(ディープニューラルネットワーク)を...
PAGE TOP