7.「わたしは『独学プログラマー』」って言ってみたい!ーPython は独学で!

AI学習ダイアリー
これって検索ワードpython(ぱいそん)の一部に引っかかったんじゃ・・・

『ゼロから作るDeep Learningを読み進めるにあたり、
基本文法をおさえるには不適だった
独学プログラマー

この2冊は宝物のようなもの!

基本をサクッと短時間でおさえるなら、
スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング
がおすすめ。(*1)

kindleで購入。あっという間に読める。

バカにしてるのか、というくらい平易な説明が
50代文系ど素人にはちょうどいい。
(二度と読み返すことはないと思うが。)

もう少しだけレベルを上げていいなら、
『独学プログラマー』の補章で訳者(著者ではない!)が紹介している
いちばんやさしいPythonの教本
がいい。

これをやりきって何が身につくのかは不明。

Python のインストールの説明がわかりやすくて助かった。

ただ、基本文法だけではなく、

「会話Botを作ろう」とか(そんなヒマはない!)、

「Webアプリケーションを作成しよう」とか(もう? 早すぎ!)、

なんでいまそんなことせなあかんねん!

とツッコミいれたくなるほど詰め込みすぎ感がある。

で、さらにその上をいくのが
詳細!Python3入門ノート
だ。(*2)

大きいし分厚いし、ホント辞書だ!

ただ、これは、
あくまでもわからないところを調べるための本であって、
最初からこれで学習しようとしたら、
かなりの確率で挫折する(わたしは挫折した)
字が小さいうえに、内容盛りだくさんなので、
高齢者にはキツい。

まあ、辞書がわりに使うなら、
PYCon JPWeb上で無料で公開している
Python Boot Camp Text
がおすすめだ。

そして最後に、
独学プログラマー

読むべき一冊だが最初ではない!

機械学習の勉強を進めるにつれ、

この本はすごい!

と思えるようになった。

Python本を1冊だけ選ぶなら、

間違いなく、これだ!

*1.この本のP19-20のIDLEの説明が秀逸! これでインタプリタとスクリプトファイルの区別がついた。
*2.この本を勧めているのは、私の知る限りでは唯一、ここだけ!

Follow me!

コメント

  1. […] 本4冊買って、2ー3カ月それだけ学習したが、その紹介はこちら。 […]