機械学習モデルを動かした❗️ーTensorFlowとPyTorchのハンズオン!

楽しい! めざせ!AI スペシャリスト
今回のセミナーは楽しかった!

2019年8月4日、日曜日。
今日も朝からセミナー。

TensorFlow&PyTorchを俯瞰するハンズオン(前編)【基本文法からMNISTまで】」という、セミナーだ。

機械学習ライブラリのTensorFlow(テンサーフロー)PyTorch(パイトーチ)
そのチュートリアルにあるコードをとりあえず動かしてみよう、という講座である。

講師は薬学部4年生の男子(多分、日大)。
参加者は4名。

まずは機械学習とディープラーニングの解説。
10分の休憩のあと、
いよいよハンズオンに入る。

今回は環境構築をせず、
Google Colaboratory(グーグル・コラボ)を使うとのこと。

クラウドで実行されるJupyterノートブック

いきなりKAIs(*)で知ったことが役に立った。

で、することは、
TensorFlowPyTorchのチュートリアルにあるコードを、グーグル・コラボ上で実行する。
ただ、それだけ。
実に簡単❗️

まずは、TensorFlow
チュートリアルにアクセスして、
「コードを今すぐ実行する」をクリックすると、

グーグル・コラボでノートが開き、

コードが4段階に分かれていた

あとはコードをひとつづつ実行していく。

60,000枚のtraining dataの学習(1エポック)を5回繰り返す。

エポックを5度回して98%程度の精度が出た。

そのあとコードの説明があったが、
ディープラーニングG検定の受験勉強が役立った。

ことばとして理解していたことが、
コードになっていたのだ。
これは快感!

そのあと、同様にPyTorchもやり、

赤印のところをクリックすればGoogle Colab上で実行される

セミナーは終了。

今日は、
手軽に機械学習を体験できて楽しかった。
なので、さっそくkindleで、
TensorFlowではじめるDeep Learning 実装入門』を買った。

Book image

難しそうだが楽しめそう❗️

いろいろ試してみようと思う。

コードを自分で書くことはないかもしれないが、
コードを読めるようにはなりたい。

Follow me!