文系出身者のための基本情報技術者試験はこうやって合格する!ー午前の部

独学の基本
まずは午前の部を振り返る!

基本情報技術者試験の成績が、IPAのHPで見ることができる。

自分専用のパスワードが必要!

えっ? 難しい午後のほうが点数高いやん、
なんで??

と思われただろうか。

これには理由がある。

説明の前に得点分布を見てみる。

合格点は60点。
そのひとつ手前の50〜59点をピークとした
きれいな正規分布になっていて、
あと一歩のひとが多いことがわかる。

みんな試験対策、間違えたんだよな。

そう、この試験、
午前と午後があり、
どのテキストも

午前より、難しい午後の対策をしっかりしないと合格できない、

と明言しているのだ。
だから、みんな午後の勉強を優先してしまう。
だから、ふつうのやり方では、
午前をいま一歩のところで落ちてしまうのだ。

じゃあ、どうするのか?

わたしの点数内訳を見てみよう。

午前の部の問題数は80問で、すべて4択。
うち、50問がテクノロジ系で正解は31問。
得点率は合格ラインギリギリの62%だった。
(ここが、ポイント!)

その分を、
10問のマネジメント系を、
正解8問(得点率80%)、
20問のストラテジ系を、
正解17問(同85%)でカバーした。

技術者試験といいながら、
4割程度は文系問題なのだ。
受かりたいならこの30問は、全問正解を目指す。
ただし、この分野、試験勉強に充てる時間はない。

だから事前にITパスポート試験の受験を勧めたい。
その貯金があれば、試験勉強しなくてもいける。

それに対してテクノロジ系は、
問1からいきなりアルゴリズムの問題で(間違った)、
問2が8ビットの値を全反転させる操作、
問4は微分の計算(間違った)、と続き、
問35までは超ハードな問題だらけ。

問36から問50のセキュリティ問題などは暗記するだけなので取れるから、
午前の試験対策のキモは、

問1から問35までのガチ技術者系問題をどうするか

に尽きる。

ここは、どれだけ
キタミ式イラストIT塾
をやってもまったく役に立たない。

大好きな一冊だけど。

それよりも、
過去問道場でできるだけ多く過去問にあたるほうがマシだ。

とはいえそんな時間もないので、
合格だけが目的ならここは捨てる!

えっ? 捨てたらダメじゃん?

もちろんやり方がある。
よりリアルな話は、次回で!

Follow me!