消費税増税は価値観を見直す好機!ーライブ遠征は聖域か?

ひとりごと
岐阜・柳ヶ瀬アンツ。地方のライブハウスめぐりも趣味!

2019年10月4日、金曜日。
金沢は朝からひどい風雨だ。
香林坊でバス待ちの女性の髪が
アトム状態

鉄腕アトムってこんな髪型だっけ?

こんな天候のなか、
バスで名古屋に行く。

南条SAも天候不良

さらに名古屋から岐阜へ。

いい天気!気温30度!

岐阜駅構内のスタバでひと息いれる。
レジで、

「店内でお召し上がりですか?」

と聞かれ、

「はい」

と何も考えず答えたが、
レシートを受け取って、

(ああ、そうか)

と思い当たる。

店内で召し上がるので10%!

(この方法で税率を選択しているのか)

消費税増税を初めて実感した。

岐阜では、
ライブハウス「柳ヶ瀬アンツ」で、
ペンギンラッシュものんくるのライブを観る。

初めて入るハコ

19時開場。
入場時のドリンク代600円
相変わらず現金払いだった。
こういうところで、

キャッシュレスならポイント還元があるのに、

とかいう人はいない。

ファミマでファミペイ払い。ちゃんとキャッシュレス還元分が差し引きされてる。

好きなアーティストのライブでの高揚感で、
お金のことなど二の次になる。
さらにサイフのヒモもゆるゆるだ。

ちなみに、
このライブを見るためにかかったお金を計算してみると、

・金沢ー岐阜 往復交通費 8,140円
・ホテル代  5,040円
・チケット代 3,000円
・飲食費 4,200円(うちアルコール 2,200円!)

合計 20,380円、かかっている。
けっこうな金額だ。

ただ、これが決して

2万円もかけて45分程度のライブ演奏を観に行くのか?

という疑問文にはならないのだ。

しかし、消費税増税を機に
そんな「聖域」を見直そうと思う。

自分にとってなにがいちばん大切か?
それはお金をつぎ込む価値のあることなのか?

ゼロから考え直してみたい。

Follow me!