「七尾の和ろうそく」との出会いーろうそくの灯りは美しく儚い!

おじさんの金澤
七尾の和ろうそくの灯り

2019年9月15日、日曜日。
台風15号の影響で、千葉ではまだ停電が続いている。
テレビから次々流れてくる非現実的なシーン。
その中で、ろうそくの灯りで食事をしている姿があった。
それを見て思い出した。

2017年12月24日、日曜日。
石川県立伝統産業工芸館でろうそくを買ったことを。

ここの2階の展示室には、
石川県の36種の伝統工芸品が展示されている。

九谷焼、加賀友禅、輪島塗、金沢箔・・・。
どれも美しい工芸品だ。
しかし毎日使うものではない。

そう思って経路をたどっていた。
そして、出会った。

七尾の和ろうそくに。

七尾能登半島の富山湾側にあり、
能登地方の中心都市だ。
そして、石川県で唯一、和ろうそくを作っているのが
七尾市の高澤ろうそくというお店。

小さくて真っ黒な鉄の燭台。
和ろうそくはなめらかなラインが美しい。
一目ぼれした。

すぐに1階のミュージアムショップで和ろうそくを購入。

きれいな箱に、
燭台、敷布、小さな和ろうそく16本、
そしてろうそくの火を消すキャップ付ライターが入ったセットだ。

で、夜を待って、ろうそくを点す。
小さな和ろうそくは、色が黄色で「菜の花ろうそく」という。
燭台に菜の花ろうそくを刺し、
燭台ごと敷布に載せ、
部屋の明かりを消し、点灯。

ろうそくの灯りが暗闇を切り取り、
明るさがその分広がる。
灯りは小さいので圧倒的に暗闇が大きい。
しかし、小さいながら
たまにゆらぎつつ、
まっすぐ美しく燃えている。

見つめているうちに、
ろうそくはどんどん小さくなる。

切り取られたはずの暗闇がどんどん大きくなり、
やがて線香花火のような小さな火の玉を見せて、
次の瞬間、消えた。

暗闇の中で、ひとり。
今宵、クリスマスイブ。

Follow me!