手を動かしてつくってみよう!ープログラムでも音楽でも!

めざせ!AI スペシャリスト
渋谷スクランブル交差点

今回の3日間の夏休み。
メインはライブだった。

7月5日 showmore(撮影可のアーティストさんです)

毎日ライブを見に出かけた。
下北沢LIVEHOLICの「Drop’s」のライブでは、

スペシャルカクテルも楽しんだ。

ラムネのようなさわやかな味(甘いことは甘い)

また、渋谷SPACE ODDの「ペンギンラッシュ」は、

東京でペンギンラッシュ主催ライブ!感動した!

名古屋本拠地バンドを東京で聴く!
という醍醐味を味わえた。

東京のペンギンラッシュファンと写メ(初対面の若者たち)。

音楽は、いくつになっても心を揺り動かしてくれる。

ただ最近、プログラミング学習を始め、
実際、自分の手を動かしてつくる喜びに気づいた。

休み中、
Udemyで公開された「Google はじめてのAI」も視聴したが、

重いノートPCを持参しホテルの部屋で、
Python3入門ノート』でPythonを、

Python本、3冊目!

kindle unlimitedで見つけた
高校生からはじめるプログラミング』と

Webプログラミングが面白いほどわかる本』を見て、

HTMLを学習した。

コードを書いて実行すると、結果が出るので面白い。
で、今回、音楽も手を動かして作ってみようと思ったのだ。

7月5日、
iPadやiPhoneのアプリ「GarageBand」を使って、
かんたんな曲作りをするApple Store渋谷のセッションに参加した。

改装してきれいになったApple Store渋谷

まずは、GarageBandの基本操作のコース。

「LIVE LOOPS」からジャンルを選べば、
この画面でかんたんに曲作りができる。

続いてMadonnaの『Crave』のリミックス。

GarageBandのいろんな機能を使って曲を再構成していくのだ。
最後は生徒それぞれの作品を披露しあうのだが、
人それぞれで面白かった。

最後は、ドラムパターンをつくるセッション。

無料音源を使えば、簡単にいい感じのパターンができるので、
これはハマりそう!

とにかくいまの時代、
おもしろそうなことはなんでもやってみるのがいい。

もしかしたらそれが、
あきらめていた夢を実現できるチャンスになるかもしれない。

Follow me!