数学は避けて通れない!ーAIスペシャリストはいばらの道!〜2019年10月

めざせ!AI スペシャリスト
なんどもやるぞと決意した数学! 今度こそ!

2019年10月、神無月。
10日に東京ビックサイトで行われた
「ディープラーニング活用最前線」
という日本ディープラーニング協会関連のイベントを見て、

東京0泊3日の弾丸ツアー!

10日後、
「基本情報技術者試験」を受験し、

今年3枚めの合格証書!

翌日、
11月から6ヵ月間通うAIスクールの事前課題に着手。

中級編はほとんど数学!

忙しい。

しかもこの事前課題、なかなか先に進めない。

理由は、数学

たとえば、
機械学習に必要な数学の基礎知識の章に、

この章のさらに初歩的な事項を付録に記しておいた、

とあり、付録を読むと、

ラグランジュ関数のカルーシュ・クーン・タッカー条件

という、56年の人生で、多分一度も出会ったことのない数式が載っていた。

基礎に行く前にもうつまづいてるやん。

本当にこれが必要なのか?

それでも、

「機械学習手法はすべて数学の枠組みの上に作られている」

ので、
機械学習のしくみの理解には、
高校と大学初級レベルの知識は必須だ。

もう何度めの決意か忘れたが、
これから当分の間は、
数学漬けの日々を過ごす覚悟をしよう。

ツイッターでフォローしているエンジニアの重い言葉

段ボールに入れてあった
『やさしく学ぶ機械学習を理解するための数学の基本』

いつ買ったのかも忘れたよ。

このあたりからぼちぼちやっていきたい。

Follow me!