真夏の真昼間の「城崎温泉」にてー青春18きっぷの旅1日目

ひとりごと
他人です(浴衣のモデル)

温泉街に人影はなかった。

平日、猛暑の真っ昼間。
(こんな日に温泉なんて!)
誰もがそう思うのだろう。

2018年7月30日、月曜日。
青春18きっぷの旅1日目前回はこちら)。

金沢からここまで8時間のテツ旅。
ここでひと息、
城崎温泉で外湯のどれかひとつに浸かろう。

しかし今日は、外を歩くのもしんどい暑さだ。
温泉に入るなんて危険過ぎる!

どうしよう?
温泉街を歩きながら考えた。

(露天風呂ならいいんじゃない?)

露天なら「御所の湯」にある。

内湯も大きなガラス扉が開けられ、
川が正面の高いところからこちらに向かって、
滝のように流れてくるのだ。

(そこならなんとかなるだろう)

そう思い、温泉街の奥まで歩いた。

御所の湯はガラガラだった。

正確に言えば、男湯は無人だった。

しかし、ここまで歩いたせいで汗だくだ。
さっそく湯船に浸かろう。

と思ったが、湯船の縁で足が止まった。

(本当にこの熱い湯に入るのか?)

身体が嫌がっている。
身体のぜんぶの細胞が嫌がっている。

(そうだ! 露天風呂だ)

そう思ってここを選んだのだ。

外へ出た。
ダメだ!
お湯に入るどころか日差しが痛い。

この炎天下、
裸で外に出るなんて狂気の沙汰だ。

(せめてお湯ではなくて水だったら・・・)

――人はそれをプールと呼ぶ。

湯船にはさっと浸かっただけで、
洗い場で身体を洗う。
汗を流すとさっぱりした。

いい気分で御所の湯を出たら、
また、汗が吹き出した。
このままだとすぐに、
温泉に浸かる前の状態に戻ってしまうではないか。

そうだ、ここはビールだ!
間違いない!

温泉街を少し戻ったところにある
城崎温泉地ビールレストラン グビガブ
に入った。

クーラーが強めに効いていて涼しい。
客は誰もいない。

まずはジョッキで「ピルスナー」(¥700)

雑味がないクラシックラガーでぐびぐび飲める。
落ち着いたところで黒ビールの「スタウト」。

今度はグラスで(¥500)。
空腹なので苦味と甘みが嬉しい。

まだ、RIZAP前でポテトもOK!

ああ、生き返った!
ホロ酔い気分で、ひとこと今日の感想。

ーー温泉入んなくて、よかったんじゃね?

Follow me!