一杯のコーヒーに豆40g!ー珠玉のコーヒー「cowry coffee」

おじさんの金澤

「2日前、そこの道にイノシシが出たんですよ」

cowry coffee」の店主が、開口一番、少し興奮気味に話しかけてきた。

イノシシ?

「ここらへんはクマもよく出るんですよ」

えっ? いや、わたしコーヒー飲みに来ただけなんですけど…。

たしかに、ここらへんはそのくらい山深い。

金沢駅前からバスで40分。

そこからさらに10分ほど急坂を下って、やっと店にたどり着くのだ。

でも、そこまでしてでも来る価値はある。

コーヒーはその日焙煎した1種類のみ。
選ぶのは、ドリップする豆のグラム数だけ。

でもその量が半端ない。

40gはものすごい!

一杯に普通の店の3倍ほどの40gを使う。
さらに70gもあるが、ふつうは40gで十分だろう。

あと、今日のスイーツが1種類。
初めて訪れた2017年10月10日のスイーツは、
甘納豆かわむらの甘納豆3種だった 。
これも注文する。

店内は落ち着いた雰囲気だ。
BGMもレコードというこだわりよう。

ちょうど「Waltz for Debby」が流れていた。

ビル・エヴァンスのピアノ、
スコット・ラファロのベースが
生音のように響いてくる。

やがて、コーヒーと甘納豆が到着。

まずはコーヒーを、ひとくち。

ああ。
思わず目をつぶる。
ため息をつくほど、深い味わい。
しっかりとした旨味が凝縮され、エグ味や渋味をまったく感じさせない。

コクがあるのに、口、喉をさらっと液体が流れていく。
口当たりが柔らかい。
柔らかいコーヒーというのは初めてだ。
出会えてよかった。

ボーッとしてたらもう1時間たっている。

バスの時間も気になる。
コーヒー豆「コスタリカ ドタ・ラタス」を買い、店を出た。

秋の陽はつるべ落とし。
あっという間に日が暮れてゆく。
少し急ぎ足で坂道を登る。

イノシシやクマに会わないことを祈りながら。

Follow me!