資格試験、今年は5つにチャレンジ!ーITパスポート試験合格証書で決意新た!

めざせ!AI スペシャリスト
さあ、その先へ!

2019年5月18日、土曜日。
3月23日に受験した「ITパスポート試験」の合格証書が届いた。

経済産業大臣名!

何歳になっても素直にうれしい。

2019年「めざせ、AIスペシャリスト!」の目標を掲げ、
ここまで、
ディープラーニングG検定」合格と

ITパスポート試験」合格と、
予定通りに来ている。

で、これからの予定は、
10月20日に「基本情報技術者試験」を、

11月24日に「統計検定2級」を、

まずは4級、3級と。

12月に「LPICレベル1(Linux技術者認定試験)」を受験する。

バリバリのエンジニア試験!

AIを勉強し始めて、
そもそもコンピューターってなに?
ということをとことん知りたくなった。
それで「ITパスポート試験」の上位試験の「基本情報技術者試験」にチャレンジする。

統計検定」は、
データサイエンティストの学習が今ひとつしっくりこなかったので、
受験をメルクマールにしてモチベーションを高めるために受けることにした。
(データサイエンティストも選択肢のひとつ。高望みか?)

LPIC」については「How To Become A Hacker」にある基本スキルのひとつ、
Linux(基本ソフト)を習得したいと思ったからだ。

しかし、ただ習得するだけでは意味がないと思い、
まず、LInuxのルーツともいうべきUnixの設計思想と哲学を解説した
UNIXという考え方
を読んだ。

原著は1996年。ビジネスマンの必読書!

今までアイコンをクリックするだけだったが、
その背後にあるプログラミングの考え方を知り、
さらにコンピューターをとことん知りたくなった。

これに並行して、
プログラミング言語Pythonと、機械学習(数学含む)を勉強しなければいけないから忙しい。

さらに、英語も再チャレンジする。
できればなかったことにしたかったのだが、エンジニア関連の文書がほとんど英語なのだ。
英語をスラスラ読めるようになりたい。
ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」を参考にして、

英語の勉強法の本はたくさん見たが、今回はこれを信じよう!

まずは「英語耳」等を参考にして、発音の勉強から始める。

発音が大事なのはよくわかる。でも練習は退屈!

大変そう?

いや、たくさん勉強することがあってワクワクしている。
56歳になってもまだまだイケるぞ、と信じて。

Follow me!