人は遊ぶために生まれてきた!ー機械学習でWebアプリ!

AI学習ダイアリー
人は、遊びをせんとや生まれけむ!

20191222日、
キカガク長期コースの年内最終授業が終わり、
いつものように、バスタ新宿で夜行バスを待っていたら、
Slackに通知が届いた。

今週の宿題です。
【自走期間のアプリを考える】
年明け最初の授業でアプリ案をPowerPointで提出いただこうと考えています。

そうなのだ。
受講期間6ヵ月のうち、半分は自走期間で、
機械学習を活用したWebアプリを完成させなければいけない。

ただ、自分の場合、

なにを作るか?

ではなく、

なにが作れるのか?

なのだけど。

Slackの通知にも、
ポイントとして、

作りたいものを作る
 モチベーション勝負(会社の業務関連または趣味)

だけど

1ヶ月でできる範囲のアプリを考える
  – 「完成」を重視する

とあった。

金沢に帰ってきてからずっと宿題のことを考えていたが、
なにも思い浮かばなかった。

頭にあったのは、
梁塵秘抄』のこの歌。

遊びをせんとや生れけむ
戯れせんとや生れけん
遊ぶ子供の声聞けば
わが身さへこそゆるがるれ

題名はおどろおどろしいけど、むずかしい本ではない

人は遊ぶために生まれてきた。
だからAIと遊びたい。
AIともっと仲良くなりたい。

そんなアプリをつくってみたいのだ。

そんなことを思いながら、
令和元年は暮れていった。

Follow me!