素人だらけのAIワークショップ、スタート‼️-使うのはScratch

めざせ!AI スペシャリスト

Excelで、セル[A1]に10を入力する。

簡単な操作です。

これをプログラミングしてみましょう!

いよいよワークショップの始まりです。

構成は、

①  ふだんExcel で何気なくしている操作を取り上げ、
②  その操作をフローチャート化して見せて、
③ 【実習】Scratchでいっしょにつくっていく

です。

Scratch (スクラッチ)は小学生でも使えるビジュアルプログラミング言語です。
まずは、基本操作の説明も兼ねて、公開作品(※)のプログラムをデモします。

*公開作品:作ったプログラムを公開でき、自由に見られます。

ここで、

おっ! おもしろそう!

と思ってもらわないと、これから2時間もやるので、ツラいです。

いよいよ、本編に入ります。
冒頭の、Excelで、セル[A1]に10を入力する、という操作を
「フローチャート」にして見える化します。

強調するポイントは、

こんな単純な操作にもプログラムが走ってたんです!

新しく出てきた「変数」という概念はサクッと説明し、
フローチャートに対応する形で、
いっしょにブロックを組み立てていきます。

そして、開始の旗マークをクリック。
ステージの変数の箱に10が表示されました。

プログラム、成功です。

おめでとうございます!
人生初のプログラムが動きましたね!

拍手しながら、受講者のみなさんを祝福します。
無理矢理、テンションマックスにします。

なんでこんな小芝居を入れるのか?

プログラムは正しく動きました。
でも、単純すぎて、おもしろくないのです。

みんなの興味、ダダ下がりになってない?

そこだけが心配なのです。

さあ、みなさんはもうプログラマーです(←ホント?) 」

今度はアルゴリズムにチャレンジしましょう!

間をおかず(考える暇を与えず?)、
エンジン全開でセミナーを続けていきます。

(つづく)

Excel 最強の教科書完全版――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術
SBクリエイティブ
¥1,738(2019/12/09 19:53時点)
数あるExcel本で唯一今でもたまに見返す本です。ショートカット利用の大切さもこの本で知りました。

Follow me!

コメント

  1. […] さあ、ワークショップもいよいよ後半戦!(前半戦はこちら) アルゴリズムに挑戦です。 […]