クリックしてはいけない!ースミッシング、エモネットなど新手の詐欺に引っかかるな!

ひとりごと
引っかかってはダメ!

先日(11/28)、めざましテレビでも放映されたが、
スミッシング
という新たな詐欺の手口が急増しているそうだ。

スミッシングとは、
SMS(ショートメールサービス)を利用したフィッシング

釣られないようにしたい

フィッシングとは、
有名企業を装った電子メールを送信し、
偽装されたURLをクリックさせることで、
個人情報を盗み取るオンライン詐欺のことだ。

PCメールよりショートメッセージのほうが、
受信者のセキュリティ意識は低く、
簡単に引っかかってしまうという。

三井住友銀行や佐川急便など有名企業をかたり送られてくるので、
つい信じてしまいそうだが、
そもそも、

ショートメッセージにURLのリンクを貼るのは異常なことだ。

無意識にクリックしないようにしたい。

さらに、企業を標的とした、
Emonet(エモネット)
というなりすましメール拡散ウィルスも大流行しているそうだ。

このウィルスに感染すると、
メルアド、パスワード、これまでのメール内容などが盗まれる。
攻撃者は盗んだメルアドで本人(Aさんとする)になりすまし、
Aさんの知人にウィルス付きメールを送りつける。

Aさんからのメールと信じて添付ファイルを開封すると、
ウィルス感染し、そしてまた、というようにどんどん拡散していく。

このウィルス、
ランサムウェア(身代金要求型ウィルス)にも使われているそうで、

メールの添付ファイルは基本、開封しない、

くらいの防衛意識が必要だ。

年末に向け詐欺が急増していく。
これだけはぜったい覚えてほしい。

銀行は、
お客さまの暗証番号を電話ではぜったい聞かないように、

メールのリンク先に、口座情報やクレジットカード情報の入力を求めることは、
ぜったいない。

ぜったいだ。

Follow me!