長期AIスクール、第2週目!ー Web技術も必要だというんですけど・・・

めざせ!AI スペシャリスト
『高校生からはじめるプログラミング』より

2019年11月17日、日曜日。
いざ、東京へ!

小松空港発羽田空港行き9:35の便は満席だった。
羽田からは「モノレール&山手線内割引きっぷ」(500円)で、

間違えてSUICAをピッとしないよう気をつけよう!(券売機で購入!)

神田のキカガク本社へ。

左の色の濃いビルの4階が教室

今日はスクール第2週。
第1週は、機械学習(Machine Learning,以下ML)のうち、
教師あり学習の回帰(Regression)を学んだ。

いっぱいある

今回は、もうひとつの分類(Classification)を学ぶ。

で、スタートからいきなりずっこける。

開始30分ほど前に来たメッセージ

なんと、講師が体調不良で登壇が困難だという。

大丈夫か? いろんな意味で

少し不安になる。

しかし、代行の先生(多分、講師の上司?)による講義が始まれば、
そんな不安も吹っ飛んだ。
不安になっている暇はないのだ。

さらに、今日はM L以外にWeb技術も学んだ。
H T ML(Hyper Text Markup Language)
C S S(Cascading Style Sheets)

眠っていたこの本を活用しよう!

JavaScriptは、

聞いたことはあるな

という程度だ。

こんな本も買っていた(いつの間に?)

それをAtom(アトム)というテキストエディタ(Windowsのメモ帳のようなもの)を使い、
次々に学習していく。

操作に慣れるまでが大変!

生徒の中にはWeb関連の仕事をしている人も数人いて、
ものすごいスピードで(と感じたのは私だけ?)、
基本のタグを書き、Web上に表示させていく。

なんでWeb技術を学ぶかというと、
M Lに必要なデータをネット上から集める「スクレイピング」技術を学ぶためだ。
ここで挫折しているわけにはいかないのだ。
ヘルプ講師の手助けをたくさん受けながら、なんとか前に進む。

そして、いよいよスクレイピング。
まず、seleniumというツールをpipでインストールし、
Google Chromeを使うので、ChromeDriverをダウンロードする。

ChromeでWebページを開き、
データの要素を調べ(Webページ上で右クリックし、検証を選ぶと出てくる)

右側にいっぱいいろんなものが出て来た

プログラムで、データを取得したり、入力したり、クリックしたりのブラウザ操作を行う、
というのが一連の流れ。

入力やクリックまでもがマウスやキーボードを使わず、
プログラムで命令すれば並列処理されることにびっくりした。

で、今日はここまで。
こんなのが24週も続いて大丈夫か、という思いはあるが、
とりあえず、バスタ新宿に急ごう。

深夜なのに人がごろごろいた

22:00発金沢行き夜行バスが待っている。
(講義より辛いかも)

バスも歪んでる(寝ぼけて手ブレ)

Follow me!