北陸にもIoT、RPA、AIのビジネス活用例はあるのか?ー調べてみた。

めざせ!AI スペシャリスト
office事務も工場と同じく自動化!

IoT(Internet of Things)RPA(Robotic Process Automation)、そして、AI
この北陸でビジネス活用の実例は本当にあるのか?
調べてみた。

まず、IoT
富山のシンクタンク一般財団法人北陸経済研究所発行の『北陸経済研究8月号』に、
新光硝子工業株式会社の事例が載っていた。

原価計算上重要な作業である作業日報の作成を、
ラズペリーパイ(ラズパイ)RFID(Radio-Frequency IDentification、SUICA等に使われている技術)を利用して自動化に取り組んでいる事例だ。
実装には至っていないが、10万円を切るコストで実験中だという。

さらに、導入の敷居が低いのがRPA
売掛金と入金明細の照合による消し込みの自動化など
人が手作業でやることを自動化する技術だ。

NTTデータWinActorが有名だが、
地元金沢でも株式会社タスクが「ロボ社員」というRPAツールを開発・販売している。

RPAはExcelのマクロ機能の進化形で、
自動処理が目の前のPCで行われるので、効果が実感しやすい。
small startで気軽に始められる。

そして、わがAI
高岡が本店で金沢にも店がある石窯パン工房VIVIR

一瞬で会計!

トレイの上のパンの種類・値段をカメラで一瞬に判断するレジシステムを導入している。

画像認識はAIのディープラーニングの得意分野。
それがパン屋のレジで活躍しているとは驚きだ。

画像認識!

調べてみるとここ北陸でも、
こんなにビジネス活用されていることがわかった。
しかし、まだまだ地元の中小企業に浸透しているとはいえない。

あくまで手段であるが、応用の範囲は広い。
エバンジェリストとしてここ金沢で広めていきたい。

Follow me!