男ひとりで団体ツアーに参加!ー世界遺産「五箇山」へ

おじさんの金澤

貸切バスで、世界遺産の五箇山に行く。

金沢市観光協会主催の「金沢冬の特別ツアー」。
今回、初めてその団体ツアーにひとりで参加する。

バスのシートはひとり掛け。
となりがいないのでホッとした。
道中、ガイドがずっとしゃべっているので、ひとりでも退屈しない。

一時間半かけて、五箇山到着。

まずは「相倉合掌造り集落」を散策する。

茅葺きの合掌造の家が豪雪の中にちらほら。
どこかメルヘンちっくだ。

バスを降り集合
バスを降り集合場所を確認したらあとは1時間、
自由行動。

ビューポイントの高台に登り写真を撮り、

「まつや」でござ帽子をかぶって記念撮影し、

名物栃餅ぜんざいをいただく。

団体ツアーは忙しい。

汗をかくくらいの陽気だったが、
雪が降ってきた。

バスで国指定重要文化財「村上家」に移動。

ここでは、当主の「こきりこ踊り」を見物する。

音楽の教科書に載っていた「こきりこ節」。
中学の時、リコーダーで練習したのを思い出した。
感慨にふけりながら踊りを鑑賞。

帰るとき、受付をチラッとのぞいたら、
ジャージ姿の当主がコタツでくつろいでいた。
ふやけたおっさんのマヌケ顔と、踊っていたときの神々しい雰囲気とのギャップに、ちょっと笑った。

最後に
「喜平商店」で五箇山豆腐の試食と、三笑楽酒造の蔵出し生原酒の試飲。
豆腐はしっかりしているのに口あたりがなめらかだ。

お酒は生原酒独特のピリッとした味わいのあと、旨味が口に広がる。

どちらともお買い上げ。
お酒は720mlで、1,380円。
豆腐はこのボリュームで450円。

五箇山は山奥にあり、
ひとり旅ではなかなか行けない。
観光バスなら足が確保できる。
今日はいろいろ回れた。

おまかせの団体ツアーなんて旅じゃない!
ってとんがってた20代が噓みたい。
ひとりでも肩身は狭くない。
意外といい、
団体ツアーのひとり参加。

Follow me!